白髪染めは自宅でも綺麗に仕上げることが出来る

白髪を染めるには

長髪の女性

髪に低刺激なものを

年齢を重ねると目立ってくる白髪ですが、白髪は通常のヘアカラーでは染まりにくいため、専用の白髪染めが必要です。最近は自宅でできる白髪染め商品が数多く販売されて人気となっています。しかし、黒く染められるものならなんでもいい、というわけではありません。茶髪を黒染する用のブリーチなど、若者向けの洗髪料は脱色剤が配合されており、髪へのダメージが大きいことがあるのです。髪のキューティクルをはがして髪の中まで色を浸透させるため、染髪力は高いもののダメージヘアに向いたものではないのです。こういった洗髪料での白髪染めの頻度が高くなれば、髪へのダメージも大きくなります。それに対して、脱色剤や人工香料などが入っていない商品などが無添加の白髪染めとして人気です。シャンプーやトリートメントタイプがあります。日頃のシャンプーやトリートメントの代わりに使用することで、徐々に白髪を染めることができ、髪に優しい商品です。

肌が敏感な人に

白髪染めでかゆみや痛み、赤みや湿疹などのアレルギー反応はジアミン系の化合物によるものです。この成分は、ヘアカラー剤のほとんどに含まれています。ほとんどの方は大丈夫なのですが、場合によってはアレルギー症状がでてしまう方もいます。ですから、髪に優しく、頭皮にも刺激が少ない商品選びをしたいなら、無添加、天然成分を使用した白髪染めを選ぶことがおすすめです。シャンプーやトリートメントタイプの白髪染めは、低刺激、安全性にこだわり、無添加を謳ったものがほとんどです。ヘアカラーのように即効性がありませんが、使っていくたびに徐々に白髪が染まっていきます。入浴時など日常的に使いやすいことから、今後も刺激の少ない無添加の白髪染め商品は人気となっていくと考えられます。